« フラワーやりたい放題 | トップページ | 第2回アジアリーグホッケーを勝手に展望 »

2004.09.23

岩手県、盛岡市、水沢市は財政支援せず-岩手県競馬廃止へ向けて加速

岩手競馬経営改善計画の大枠固まる

100億円を超える累積赤字をかかえ廃止が目前となっている岩手県競馬組合(管理者・増田岩手県知事)は、22日、経営改善の基本方針を策定した。

この中で、年間粗利益の3割に当たる累積赤字の一掃のため、岩手県、盛岡市、水沢市は新規起債による穴埋めをしないことで一致した。

基本方針では、累損解消を13年後の2017年をメドに行うこととしているが、現実問題として累損解消には財政支援が不可欠と見られていただけに、累損解消は事実上その可能性がなくなった。今年度から3年間の期限を区切って経営再建に取り組み、その結果をもとに存廃を含めた検討を行うとしていた競馬組合は、財政支援の道が絶たれたことによって、2006年度をもって廃止される公算となった。

今回の経営方針の中では、経費削減策として、職員の解雇、再雇用による合理化と人件費の圧縮で7億円、不透明な随意契約に批判が集まっている開催付随業務の委託に指名競争入札を導入することで14億円の開催経費圧縮を見込んでいる。

しかし、この21億円の経費削減額でも昨年度の単年度赤字額を下回ることから、累損解消に繋がる経営改善策とはなり得ない。組合の今年度予算は、競馬場建設起債の今年度償還分を加えると18億円の赤字予算で、移転前の競馬場敷地および盛岡市中心部にある競馬会館の土地建物の売却による特別利益18億円で単年度の収支均衡を目論んでいるが、いずれの不動産も依然として買い取りに名乗りを上げる企業は現れていない。今年度も売得金額の減少で対予算を下回る低空飛行が続いており、今年度も累損拡大に歯止めがかかる見通しすら立っていない。

このほか、増収策としては、他主催者と共同して場外発売所を新設することや、新種馬券の導入、県域に小規模な場外発売所を設置すること、国営馬事会主催レースの場間場外発売の拡大、交流競走の増加などの施策を推進することを盛り込んだ。

しかし、基本方針の中では、その実現可能性と実効性には触れていない。場外発売所の新設のためには、候補地の策定から地元対策、農水省との手続き、施設建設から開業までに要する期間が2年以上掛かり、3年間の経営再建期間までに開業することは現実的でない。また国営馬事会主催レースの場間場外発売は、主催レースの売得金減少に直結することから差し引きの増収幅は僅かにとどまるし、交流競走の増加を見ても、現状の国営競馬との交流は賞典額の高さから赤字、他地区との交流競走は遠征馬の不足で効果に乏しいなど、増収策としての直接的効果は見込めない。新種馬券の導入も、他地区の実績を見ると、直裁的な収益増には繋がらず、設備消却の負担が重くのしかかっているのが現状だ。

このように増収策としてあげられている項目も、3年間の経営再建期間を前に廃止を明らかにできないが故の、努力のポーズといった側面が強い。

|

« フラワーやりたい放題 | トップページ | 第2回アジアリーグホッケーを勝手に展望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47422/1501666

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手県、盛岡市、水沢市は財政支援せず-岩手県競馬廃止へ向けて加速:

« フラワーやりたい放題 | トップページ | 第2回アジアリーグホッケーを勝手に展望 »